みらいの声

vol.14 : 未来倶楽部十日市場 猪岡クニ様

中央が猪岡クニ様。向かって右はご長男の奥様。左はケアスタッフの川島さん。

中央が猪岡クニ様。向かって右はご長男の奥様。左はケアスタッフの川島さん。

 
 

 
 

元気のもとは、興味や意欲を失っていないことと、おしゃべりです。

「ワタシ、シワ=サンジュウニ(32歳)。もうとっくに通り越したよ。」そんなオチャメな話し方をされる猪岡クニ様は米どころで有名な新潟県出身、昭和3年8月10日生まれの84歳、とても明るくてお元気な「未来倶楽部十日市場」のご入居者様です。今から4年前の平成22年7月、当時ご家族様と一緒に施設を見学して施設食のご試食もされました。新しくきれいに整備された施設と、自然の風景が残る周辺環境も気に入っていただき、「未来倶楽部十日市場」への入居を決定されたとのことです。

 

 

84歳とは思えないほど柔軟なお身体

84歳とは思えないほど柔軟なお身体

現在猪岡様は安全のためシルバーカーを押しての歩行ですが、シャンとした姿勢を保ってしっかりした足取りでお歩きになります。とても84歳とは思えないシミひとつ無い健康的なお顔の色ツヤをされていました。初めてお会いした時、思わず「お若いですね。お肌がきれいですね。」とお伝えしましたところ、冒頭の楽しいお返事をいただいたのでした。これは猪岡様ならではのサービス精神旺盛なユーモアと一種の照れ隠しです。改めて元気の秘訣をお伺いすると、「家に居たときはあんまりやらなかったけど、ここでは毎日体操を、音楽かけてみんなで輪になってやるの。それからよ、体操やる気になったのは。」とお話しくださいました。

 

また、「毎朝3時半に起きて、日誌付けや、物書きをする前にピンシャン、ピンシャン体操をするのよ。」、「まだ、若い者には負けないよ。やってみましょうか?」と、実際にその場で前屈を披露してくださいました。周囲の驚きと心配をよそに、手のひらが床にペッタリくっつくくらい深く前に腰を曲げてみせたり、足を前に高く振り上げたりと、柔軟なお身体と丈夫な足腰を証明してくださいました。なるほど、継続は力なり。日々の規則正しい生活と運動習慣が大切なのですね。

 

 

園芸クラブに参加する猪岡様

園芸クラブに参加する猪岡様

この日は、絵を描くことがお好きな猪岡様に、母の日のプレゼントとしてクレヨンと色鉛筆と画用紙を、ご家族が施設へお持ちになりました。「お義母さんは、いろいろなものに興味があって、やる意欲を失っていないのが良いことなのじゃないかしら?」、「話し好きでとっても元気なんですよ。」猪岡様ご本人に負けないくらい、明るくて素敵なご長男の奥様です。「目もとても良くってほんとに見えるのかしらって思うくらいの細かい文字をびっちり書くのよ。」ご家族様のお言葉からも、猪岡様の活動的な日常が伝わってまいります。

 

 
 

一日一行つける日誌が、いつの間にか何冊もたまりました。

 

びっしりと書き込まれた日誌を見せていただきました。右ページの空白部分は、翌朝からまた書き込まれる予定の空白です。

びっしりと書き込まれた日誌を見せていただきました。
右ページの空白部分は、翌朝からまた書き込まれる予定の空白です。

 
 

 
 

猪岡様の居室には、ご自分の作品がたくさん飾ってあります。絵も習字もとってもお上手だと、施設スタッフの中でも評判です。

猪岡様の居室には、ご自分の作品がたくさん飾ってあります。絵も習字もとってもお上手だと、施設スタッフの中でも評判です。

「おかげさまで時間が足りないくらい。」日々の体操以外にもさまざまなレクリエーションや、お出かけレクにも積極的に参加される猪岡様。この日も午前中に園芸クラブでお花のお手入れを楽しまれました。お得意は絵を描くことと、習字だそうです。居室におうかがいして、先ほどお話しされていた毎朝記帳しているという標語やスローガンを交えた日誌をお見せいただきました。お話しのとおり一日一行、細かい文字でびっしり書き綴られているノートが何冊も保存されており、ただただ感心を超えて感動するばかりです。

 

若いときのことをお伺いすると「昭和42年から約19年間、ヘルパーをなさっていたとのこと。「お世話する方とされる方の相互関係が大切よ。」と、とても含蓄のある猪岡様のお言葉です。そんな猪岡様から見た当施設ケアスタッフについてお聞きすると「若いけど、誰かれなくちゃんと面倒みてくれますよ。とても気配りが行き届いていて、みんな細やかで立派。たいしたもんだよ。」と、介護の大先輩から当施設スタッフにお褒めの言葉をいただきました。

 

施設でのお食事が話題にのぼると、「お味はすごくいいですよ。お食事はやっぱり楽しみだね。目で見て舌で味わえるから。」、「握り寿司とお赤飯が大好き。」と特にお好きなメニューを教えてくださいました。

 

 

筋力強化のレクリエーションに参加する猪岡様。

筋力強化のレクリエーションに参加する猪岡様。

それから、当施設自慢のひのき風呂については「お風呂はいいわね。いつも一番風呂。頭から背中まで全部自分で洗うのよ。」とおっしゃいます。「みんな踵の皮が硬くなってガサガサしているけど私はなってないのよ。軽石で踵をガリガリこするのよ。」なるほど、だからお肌がきれいなんですね。「でも、ここは軽石を使わないのよ。」と笑いながらご自分のお顔をなでます。存じています。軽石でお顔は擦りません。またまたユーモアに富んだ猪岡様の切り返しでした。

 

 
 
 

この日は始終こんな調子でとても楽しいお話しをたくさん伺うことができました。猪岡様、ご家族様、大切なお時間をいただきましてありがとうございました。「お義母さんのしたいことは何でもさせてあげたい。」、「これからもまだまだ長生きしてもらわないと。」そんなご家族様の想いを大切に、猪岡様にはこれからもお元気でお過ごしいただけるように支援させていただきたいと思います。

 

一覧ページへ戻る

みらいの声について 「みらいの声」は、有料老人ホーム未来邸・未来倶楽部にご入居されているみなさまの「想い」や、感想を束ねた珠玉の「かたち」です。私たちは、そんなご入居者様お一人おひとりの「未来」を応援しています。