みらい想い出写真館

vol.98 : ご入居者様が「ふれあい書道展」にて受賞されました

 

未来倶楽部大泉学園にご入居されている江村様と村田様が「第35回ふれあい書道展」の半紙部門に出品されました。江村様は「集鳳」、村田様は「芍薬」の題字にて、それぞれ「ふれあい賞(シルバー大賞)」と「奨励賞」への入選を果たされました。

 

平成11年から続く「ふれあい書道展」は、全国の書道愛好家を対象とした一般公募による全国書画展覧会です。毎年全国から1万点を超える応募作品が寄せられ、厳選なる審査を経て選抜された上位作品は筆の町として有名な広島県熊野町の「熊野町民会館」に展示されます。

 

現在、未来倶楽部の書道レクリエーション「書道クラブ」に参加されているご入居者様は全体で約460名いらっしゃいます。その中から今回は217名の方が「ふれあい書道展」に応募されました。未来倶楽部におきましては、特選以上(ふれあい賞)に入賞された方は江村様が初となります。江村様の作品は全国書画展覧会のホームページにてご確認いただけます。江村様、村田様、この度は受賞おめでとうございます。ぜひ来年もさらなる高みを目指して挑戦いただきたいと思います。目標に向かって挑戦することはいくつになっても意義のあることだと感じます。未来設計ではご入居者様の豊かな生活の実現と生きがい作りをこれからも応援してまいります。

 

 

みらい想い出写真館一覧へ戻る