ご入居者・ご家族様へ(民事再生を受けて)

 弊社は、申立代理人弁護士を髙橋修平弁護士とし、平成31年1月22日に東京地方裁判所に対し⺠事再⽣⼿続開始の申立てを行い、同年1月28日に東京地方裁判所から⺠事再⽣⼿続開始決定を受けました。この度の⺠事再⽣⼿続に於きましては、ご入居者及びご家族の皆さまへは大変なご迷惑とご心配をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます。

弊社は現在、ご利用者様からの信頼の回復と満足度の向上を図り、また、現場で働く従業員にとっても働きやすい環境を整えることで、真の再⽣を果たすべく、事業の改善・改革を実施しております。ご入居者様への介護サービス、日々のご⽣活につきましては、これまでと変わらないサービスを提供させていただくだけではなく、今以上のサービスを提供させていただけるよう全社をあげて努めてまいります。

今回の⺠事再⽣⼿続を進めるにあたっては、株式会社創⽣事業団による十分な運営資金の援助に加え、全国から多数の介護職員、運営管理職員の人的支援も頂き、施設の運営にあたっております。皆様からの信頼の回復とご満足いただけるサービスを提供できるよう職員一同誠心誠意、事業の改善・改革に取り組んで参りますので、今後の施設運営にご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。