機能回復訓練

機能回復訓練

未来設計が運営する施設には、さまざまな症状の方がご入居されています。未来設計では、各ご入居様の症状に合わせ、機能回復のプログラムを用意し、スタッフと共に訓練を行える体制を整えております。

経鼻経管栄養から経口摂取へ

入居前

嚥下機能訓練を7カ月実施した結果

経過と実地内容

平成25年5月 脳梗塞にて入院、失語症・右片麻痺により経鼻経管栄養、寝たきりの状態
平成25年7月 退院後、24時間看護職員常駐の「未来倶楽部」にご入居
平成26年2月 往診時、医師の診断によりマーゲンチューブ抜去、最終的に経口摂取可能に

言語聴覚士3名、週3回(1回30分)嚥下訓練、発声訓練

作業療法士1名、週1回 関節可動域訓練、座位保持訓練

言語聴覚士3名がそれぞれの視点から考える得るリスクを検討しながら、リハビリを継続。外部受診によるVE検査(嚥下内視鏡検査)を月1回の頻度で3回実施。定期的な診断と評価を受けながら経口摂取に向けた取り組みを行う。まずはあいさつと発声の訓練、氷や水を含み、嚥下反射をチェック。段階を経てプリンやヨーグルトの摂食から始め、高カロリー栄養補助飲料など1日に必要な栄養量にも配慮しながら、ペースト食を口から食べていただく試行を繰り返し、いずれも成功。この経緯を随時医師に報告。

嚥下機能訓練を7カ月実施した結果 折れ

無料相談

経験豊富なスタッフが対応させていただきます。

【お電話でご相談】 【フリーダイヤル】 0120-6-11301 受付時間 9:00~18:00 土・日、祝も受付中 【携帯電話でのお問い合せ】 03-5733-0301
【メールでご相談】
無料メール相談はこちらからどうぞ
無料相談