スタッフの声

vol.74 : ねじまき

当施設に、入居されているご夫婦です。
奥様が何もする気にならず、横になられている状態が続いていた時期がありました。ある日、入浴のお誘いに伺った際、奥様のお部屋にご主人がいらっしゃり、ベッドの横に座っていました。奥様の具合をお尋ねすると、「ずっとこの状態だよ。」と、おっしゃりあくびをされていました。ご主人は夜もあまり寝ずに時々ご自分の部屋に戻り仮眠を取り、また奥様のお部屋へ行き、傍についているということを繰り返されていたそうです。ご主人も高齢でお身体の状態もあまり思わしくないなか、奥様のことを気にかけていらっしゃるお姿に感動いたしました。

 

今はすっかり奥様もお元気になられ、時々ご主人のお部屋で奥様をお見かけします。「家内の時計のねじを毎日欠かさず回しているんだよ。」と、ご主人は私に教えてくださいました。とても仲睦まじいご夫婦です。今後も末永くお二人が一緒にいられるように、お手伝いさせていただきたいと思います。

 

未来倶楽部
ケアスタッフ

一覧ページへ戻る

3K1Yについて 3K1Yは、K「感謝」、K「感激」、K「感動」、Y「喜び」の頭文字をとった、コーポレートスローガンです。この文章は施設で働くスタッフの投稿の中から、心あたたまるエピソードとして選ばれたものです。お客様のプライバシー保護のため、お名前はイニシャルではなく全てABCなどの記号で表記しています。